トップページ > 釣行記

釣行記

マゴチは河口でも釣れる!?

シーバス狙いで河口へと釣行をしてきました。
季節は、立っているだけで汗だくになってしまうほどの暑さが、
アングラーの体力を奪っていく、8月。
マゴチにとってみれば、暑い季節はシーズンなので、
サーフへマゴチ狙いで釣行をするアングラーは多いでしょう。

私も、マゴチを狙いにサーフへ釣行をしますが、
今回は、真夏のデイゲームでシーバス狙いでの釣行です。

私がシーバスを狙う河口のポイントは、しじみやあさりなどの、
貝類がとれる、人口サーフから河口へとつながるポイントとなり、
潮通しが良いことから、モエビなどの小さなエビ類から、
カニ、ハゼ、イナッコなどベイトがとても豊富なフィールドになっています。

このポイントは毎年、真夏のデイゲームで、
ランカーシーバスが出るポイントですので、
シーバスの釣果は期待ができるポイントです。

潮の動きを確認しながら、潮位と魚の動きがマッチする時間を狙い、
キャストを続けると、ボトムノックから「ゴゴゴゴンッ」と、
ひったくるようなバイトがあり、瞬間を逃さず、「合わせ」を入れると、
生命感がしっかり伝わってくる「引き」。

首を振る引きから「シーバスだろ!?」と思ったのですが、
重さが無いので、セイゴクラスか!?と思って、一気に寄せてくると、
魚体が「フッと」浮き上がってきた。

「あれ?あの平べったい魚体は、まさか、マゴチ!!」

鉄板系ルアーのボトムノックでバイトをしてきたのは、
33cmのマゴチでした。

マゴチ

このポイントでも時々マゴチが釣れることがあるのですが、
30cmを超えるマゴチはなかなか見ません。
(このポイントで釣れるマゴチはせいぜい、20cm前後です。)

今年はマゴチの「アタリ年」なのか?
まだ、この河口ではマゴチが釣れそうです。