トップページ >フィッシングアイテム> フィンガーガードとグローブで飛距離アップ

フィンガーガードとグローブで飛距離アップ

サーフからのルアー釣りに関わらず、近年のルアー釣りでは、
メインラインにPEラインを使用することが主流になりました。

飛距離が求められるおかっぱりからのルアー釣りでは、
細いラインでも空気抵抗が少なく、パワーのあるPEラインは、
必須アイテムとなっています。

しかし、PEラインはキャスト時、指を負傷しやすいです。
特に、PEラインの0.8号以下を使用している時には、
ラインが細くなる分、キャスト時、ラインに指が触れると、
負傷をするか、ラインが切れます。

指を負傷してしまっては、キャストに影響が出て、
飛距離を出すことができなくなってしまいます。

おかっぱりのルアーアングラーにとって、飛距離が出せなくなることは、
その分、魚との距離も遠くなってしまうので、釣果に影響が出るでしょう。

そこで、細いPEラインを使用しても、
安心してキャストができるように、
リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)から出ている、
フィンガーガードの使用をお奨めします。

フィンガーガード
icon

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)から出ている、
フィンガーガードは、コストパフォーマンスがとってもよく、
使用感度は、まるで指の一部かのように、フィンガーガードを着けている、
感覚は無く、自然にキャストをすることができます。

フィールドではまだまだ、フィンガーガードを使用している、
アングラーは少ないですが、フィンガーガードを使用していれば、
安心してキャストをすることができるので、飛距離を維持することが、
できるでしょう。

フィンガーガードと一緒に、グローブを使用すると、
ロッドをしっかりグリップできるので、
キャスト時のロッドの振り抜きがしっかり決まります。

プロックス(PROX) フィットグローブDX
icon